fbpx

ギックリ腰になる前に、必ずしてほしい対策とオススメなツボ。

東京都渋谷区千駄ヶ谷にある、40代からの大人女性のための アロマはりきゅうYUTORICH の本間文恵です。

リモートワークに切り替わり、自宅にお篭り状態になり、ギックリ腰になる方が増えました。ギックリ腰の原因は「じっとしている」こと鍼灸師である本間文恵が、東洋医学の観点からギックリ腰の原因・予防についてお伝えします。

ギックリ腰になった方は「以前から腰が重だるいなぁと思っていた矢先に、くしゃみをしたら動けなくなった」とったことをおっしゃる方が、圧倒的に多いんです。

きっと、リモートワークになる前から、腰への負担はあったように思うんですが、あなたはいかがですか?

自粛モードで、世の中がガラッと変わりましたよね。自分の体調を気にしながらの日々ですが「 健康でいるって、当たり前ではないんだ。」と、痛感してるんですよ。自分自身を労ることって、本当に大事なことですね。腰だけではなくあなた自身も、ぜひ労ってくださいね。

 

●原因は「じっとりている」

まず、東洋医学の話を先にしますね。東洋医学では、全身”気”で出来ていると考えます。肉体・精神・魂、全て”気”で出来ていてる、と考えているんですね。

身体を動かさないと、気は停滞し始めるんです。そもそも、気は動いてバランスを取っているので、停滞していると、痛みが出たりし始めます。これが、慢性腰痛の状態なんですよ。

お篭り生活が長くなり、どんどん身体も動かさなくなるし、ストレスが溜まっていきますよね。気の停滞もどんどんパワーアップしてしまうんですよ。で、爆発した状態が、ギックリ腰、という訳なんです。

 

●ギックリ腰の予防は「発散」

ギックリ腰の予防は、気の停滞を少なくする、気を発散させることなんです!慢性腰痛が軽くなく変化が出てきますよ。

具体的にいうと、身体を動かす・ストレス発散をする、なんですが、あなたができる範囲で楽しく続けられることを、お篭り生活の中に取り入れていくことが大切です。

ここでオススメなツボはをご紹介しますね。足にある「崑崙」というツボです。

外くるぶしとアキレス腱の間を押すと、ピリッと痛い場所が崑崙です。腰痛が辛い時は、痛みで声にならない時もあります。呼吸に合わせて、吐く時に押す、吸う時に話すを5回。呼吸も、ゆっくり丁寧にがいいです!

 

●万が一、なった時は

この時ばかりはじっとしていましょう安静にして、患部を冷やすが基本です。ギックリ腰になった時は、温湿布ではなく冷湿布をお使いください。

安静の目安は最低1週間。身体が動けるようになった途端、無理をしたり体操したり、動きたい衝動にかられますが、そこはじっと我慢です。結果、治りを遅くしますので、ご注意くださいね。

それと、外出を控えたいご時世なので、ご自宅から電話やメールでプロの方に相談するのも有ですよ。ぜひ、頭の片隅に置いておいてくださいね。

 

●最後に

今回は、ギックリ腰について

  • 原因は「じっとりている」
  • ギックリ腰の予防は「発散
  • 万が一、なった時は

といった項目に分けてお伝えしました。

身体と心と肌はつながっています。今日は未来に続いていきます!今できることに取り組みながら、共に進んでいきましょうね。

鍼灸とアロマのWケアで
年齢にとらわれず
夢を叶える聡明な大人女性へ

本間文恵

【LINE公式アカウント】
今日からできる♪40代からの大人女性のためのキレイ情報をお届けしています。お友達登録と同時に、「たった3分で翌朝にはむくみもスッキリ!お顔のたるみにおすすめな5つのツボリスト」をプレゼントしています。

【本間文恵のプロフィール】
・じっくり読みたい方はこちらをどうぞ。
・本間文恵やサロンのリアル雰囲気を知りたい方は、動画をご覧ください。

関連記事

  1. 今が頑張りどきだとデスクワークに熱中!腰がどんどん痛くなるあ…

  2. 慢性的な肩こりが辛い、40代女性に知ってほしい原因

PAGE TOP